忍者ブログ
201709200201
CATEGORY[]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


201206290209
CATEGORY[設定]
今回の小説の世界観を

最初はまだ人間という存在がいない時代で、
神様のような存在がいる世界

神様にも様々な存在がいて、それぞれの地域を納める大将的な存在がいる
賢い賢者みたいな存在や、技術者、働き者など、神様といっても人間とそれほど変わりない事をしている

また、神様だけではなく、神話などに出てくるようなドラゴンだったり、キメラ、サイクロプスなどの空想上の生物も生息している

紀元前などという、この世界の感覚ではなく、空想上のものなので、まったく別の呼び方がある設定

空想上の生物たちは、最初は動物的な感覚しか持っていなかったが、世界が発展し、時間軸が進むにつれて、知恵をつけ、言葉を理解したり、突然変異が起きたりと進化が進む

それまで、神様が優位に暮らしてきた世界だったが、知恵を身につけ突然変異により、様々な特技・容姿・環境適応能力などを身につけて行った生物が、徐々にその生活圏を広くしていこうとしていく

その生物は海、地上、空に存在し、海でも深海に生息する生物、地上でも砂漠、山、氷河など様々な生息域に存在する

それぞれの生物は強力しあって生活していたり、敵対していたりと色々な関係が存在している

知恵を身につけて行った生物は、その環境下で道具を発明、使用、文明などを作り上げるようになる

時間軸もこの間で数千年が過ぎている。
神々は発展していき、生物は進化を驚異的なスピードでしている

この世界は広大な土地が存在している

神々が主に世界を征服しているような状況だったが、知恵をつけてきた生物がそれをよしと思わなくなってきた

そこで神と生物の対立が起きてしまう…


とりあえず、世界観を書きつづってみた
まだ補完が必要だろうけどね
まずはここまで

拍手[0回]

PR

コメント[0] 
<<登場するキャラについて その1 | HOME |雨降る夜>>
コメント一覧
コメント投稿















<<登場するキャラについて その1 | HOME |雨降る夜>>

忍者ブログ [PR]